食生活を見直してみる

薄毛の原因はストレスや食生活など、色んなことが要因となって現れるものだといえます。そのため、日頃から食べる食事に少しだけ気遣うだけで、薄毛対策に有効になるといえます。

薄毛対策に有効な食べ物

no.1

血行促進に期待

納豆は血液にも良いとされていて、同時にそれは髪の毛の血行促進にも期待が出来る食べ物と言っていいでしょう。納豆には多くのタンパク質が含まれているため、健康にも良いことで人気です。

no.2

生成に役立つ栄養素

意外なようですが、生牡蠣にも薄毛にストップをかける栄養素が含まれています。食材としても人気で食べる方が多いので、取り入れやすさも人気の秘訣ですね。生牡蠣には亜鉛が含まれていて、亜鉛には髪の主成分となるので重要なのです。

no.3

万能な食べ物

レバーは栄養となるビタミンが多く含まれている万能な食べものとされていますよね。ビタミンは、頭皮にとって嬉しい役割を果たしています。新陳代謝を高めたり、頭皮の環境を良く保ってくれたりする大きな役割を果たしています。

no.4

ごはんのメニューに入れやすい

高野豆腐は、タンパク質や亜鉛の他に、イソフラボンもまとめて取れる極め優秀な食材です。髪に必要な栄養素全てを含んでいるので、簡単に摂取出来るところがいいところですよね。

no.5

コラーゲンの生成につながる

焼き海苔と聞いて、意外だと考えるかたも多いと思うのですが、実はビタミンCが含まれているのです。ビタミンCを取ることにより、コラーゲンの生成が期待出来ます。それらが作られることは、頭皮や血管を元気にしてくれることにつながります。

薄毛の早期発見に役立てよう

髪質の変化を感じる

髪の毛に特に何の違和感なく過ごしてきたはずなのに、だんだんと毛質が変わったように感じ始めます。なんだか髪の毛がごわつく、カラーをしているわけでもないのに髪の毛が痛んでぱさついているように見えたりし始めます。

不揃いな長さが出始める

これは頭皮を間近で見ないと気づかないポイントとなるのですが、毛根から生えている髪の毛より短い毛が生えてくるようになります。長さが不揃いの状態なので、一見わかりやすいようにも感じますが短くて細い毛質のため気づく方はほとんどいないでしょう。

短い抜け毛に気づく

先程紹介した短くて細い髪の毛が、出始めたばかりのはずなのに、今度は抜けていくといった状況が生まれていきます。生え変わりだと思っていた髪の毛が抜けていくことを実感した時に、薄毛に気がついていくのです。抜け毛に注目して見ていくと、短い毛が多いことに気づくはずです。それが紛れもない薄毛のサインです。

生え変わりの時期

動物に換毛期があるのと同じように、人間の髪の毛にもそのサイクルがあります。それは古い髪の毛が自然と抜け落ちていくのです。ただ、それは次の元気な髪の毛が用意されているので普段は気づきませんが、正常に髪の毛が生えていない場合にこのサイクルが起こると、薄毛の状態に直面するのです。

治療までの道のり

メンズ

カウンセリングにて相談できる

AGAの治療を専門としているクリニックにて治療しようと思ったら、まずはカウンセリングから始まります。その際に薄毛のお悩みや薄毛対策に有効なアドバイスを専門家からもらえるでしょう。治療内容や費用なども、カウンセリングの際に知ることが出来ます。AGA専門クリニックは博多にもあるので、まずは相談してみることをオススメします。

個人に合わせた治療方法

カウンセリングを行なったた、診察に入ります。この時にわかるのが、血液検査などで髪の毛に足りてない栄養素などを徹底的に調べていきます。そして専門医による視診を受けて、治療方法を検討していきます。その際の診察を元に個人に適した治療薬が処方されていきます。

[PR]

AGA治療なら博多の優良医院に足を運ぶのがオススメ!
人気の高いクリニックの特徴とは?

薄毛対策グッズは口コミを参考に探すべし
有益な情報を一挙大特集

[PR]

広告募集中